CoCoDigi(ココデジ)はデジタルのその先にある〇〇を目指します

CoCoDigiは「Communication(コミュニケーション),Comfort(コンフォート)and Digital(デジタル)」の造語です。
デジタルを通じて、家族、社員、子どもたちが快適に便利になること。
デジタルを通じて、コミュニケーションを円滑にし、仕事の向上や家族の絆が深まることを目的としています。

私たちは「学び」を通じて関わる

・ご高齢の方が「LINE」のやり方や写真の撮り方を学びたい
・就職のためにWORDやExcelを勉強したい

このような「学び」は、一見「デジタルツール」を学んでいるだけなように見えますが、操作方法が必要なわけではなく、
例えば、LINEができることで遠くに離れているお孫さんとやりとりをしたい、
WORDやExcelのスキルがつくことで、働き方を変えるきっかけになるなど
「デジタル」を学ぶことには、その先に”人”や”想い”がそれぞれあって、それが叶って楽しみが増えたり、生活が豊かになったり快適になることをお手伝いします。

私たちは「ご提案」を通じて関わる

・会社でもっと効率よくデジタル化したい
・プロジェクトをもっと円滑にすすめたい

仕事上で「デジタル」を利用することで、業務の効率化・経費の削減・顧客サービスの向上につながります。
それだけでなく、その効果は会社のためだけでなく、働く社員やその社員のご家族にも幸せが訪れます。
業務の効率化で残業が減り、家族と過ごす時間が増えるかもしれません。
経費の削減ができ、顧客サービスの向上で売り上げが上がり、社員に還元ができ、給与がUPするかもしれません。

会社で上手に「デジタル」を使うといことは、その時は大変で面倒でも将来必ず導入してよかったと思えることをお手伝いします。

私たちは何よりも「子どもたちのため」「働くママ」への応援をします

・子どもの将来のために何が必要なのか?
・子育てしながら仕事も充実したい
子どもたちが将来の仕事や何かをしたいということには既に「デジタル」は欠かせないものです。
Youtubeやプログラミング、SNSなど、「インターネット」が産まれたときから普通にある今の子どもたちにとって、欠かせないものになります。
また、女性が子育てをしながら、働くことに対しても「デジタル」は必要不可欠です。
在宅ワークで仕事をしたり、何かチームでプロジェクトを進めたり、フレックスタイムでの働き方やなど・・・
デジタルを利用することで、快適な環境で仕事をすることができます。
それは、今からの子どもたちの将来に対しても、これから職場に復帰したい、仕事をしたいという女性に対しても幸せになる一歩だと考えます

【デジタルのその先にあるものへ】

皆さんのその想いを大切にし実現していくことを喜びと感じています。

ごあいさつ

合同会社 CoCoDigi (CoCoDigi ,LLC)
代表社員 富田貴子 (Takako Tomita)

パソコンインストラクター・ネットショッピング運営・プログラマーなどを経て結婚・妊活を機に独立し、まずは個人事業主として2011年にCoCoDigiをはじめました。
女性は男性と違って、結婚・妊娠・出産・育児・または介護などライフワークが変わる度に、決断をしどうしていえばいいかと考えないといけません。

私もそうでした。
独身時代は自信があったことも結婚するとそれさえも自信がなくなったり、出産すると子ども中心の日々で世間と疎遠になってしまった気がしたり・・・
ただ、デジタルやITを使えばそれもすべてクリアできるということを知りました。
子育て中は在宅ワークをしたり、SNSで発信することで仕事をもらえたり、デジタルツールを使うことで、全国にいる人たちとプロジェクトは普通に進むことができたり・・・
CoCoDigiはそういう手助けができればと思います。

お気軽に相談ください。